HAPPYCOAT おもてなしの心を纏う

「HAPPYCOAT プロジェクト」NIPPON OMOTENASHI WEAR PROJECT

デザイナー JUNKO KOSHINO(JUNKO KOSHINO Inc.)とデザインオーダー法被ブランドHappi.Tokyo(はっぴどっと東京)(株式会社サプライズクリエイティブ)が『おもてなしの心を纏う。―日本を着る。日本を表現する―』ことをコンセプトに、新しい日本の法被スタイルの提案を『HAPPYCOAT』として開始します。

日本で法被を着用する機会は、お祭りやイベントなどが一般的です。しかし、昨今の和物ブームや訪日外国人観光客の増加により、インバウンド販促、御土産、ユニフォームなど法被を利用するシーンや用途も多様化しています。そのような背景のもと、今回のコラボレーションは、世界でファッションを通じて文化交流を展開してきたJUNKO KOSHINOと様々な切り口で法被を発信しているHappi.Tokyo(はっぴどっと東京)が新しい法被『HAPPYCOAT』を共同開発しました。

簡単に羽織れ、機能性も兼ね備えた『HAPPYCOAT』は、企業のプロモーション、ユニフォーム、イベント、応援など様々な利用シーンで活用できます。『HAPPYCOAT』を通じ、日本文化の発信を世界へ提案します。

ハッピーコート写真1ハッピーコート写真2

JUNKO KOSHINO

JUNKO KOSHINO Inc.

JUNKO KOSHIN株式会社
(JUNKO KOSHINO Inc.)
〒107-0062
東京都港区南青山6-7-7
TEL : 03-3406-7321
FAX : 03-3406-7592
URL : http://junkokoshino.com

コシノジュンコ PROFILE

文化服装学院在学中、新人デザイナーの登竜門といわれる装苑賞を最年少の19歳で受賞。
1978年パリコレクション初参加。以降、世界各地でショウを開催。
ブロードウェイミュージカルの舞台衣装:太平洋序曲 (トニー賞ノミネート)、DRUM TAOの舞台衣装、オペラの衣装、スポーツユニフォーム、インテリアデザイン、琉球海炎祭にて花火のデザイン、JOCセカンドエンブレム等CIのデザインなど活動は幅広い。
また、これまでの文化交流活動も高く評価されていて、2004年Visit Japan 美しき日本へ 羽田空港第2旅客ターミナル内覧交流会、2014年、2015年国連総会時におけるニューヨークで和食を世界にアピールする総理夫妻出席のレセプションなど国際文化交流イベントを多数プロデュースする。
06年イタリア文化功労勲章・カヴァリエーレ章受勲。観光庁 VISIT JAPAN大使、内閣官房 クールジャパン推進会議民間議員、東京五輪・パラリンピック組織委員会 文化・教育委員会専門委員。
毎週日曜日17:00~、TBSラジオ(954kHz)にて「コシノジュンコMASACA」放送中。

Happi.Tokyo

Happi.Tokyo(はっぴどっと東京)

株式会社サプライズクリエイティブ
(SURPRISE CREATIVE. CO.,LTD.)
〒104-0054
東京都中央区勝どき3-3-19
TEL : 03-6821-6444
FAX : 03-5548-6557
URL : http://www.surprise-creative.jp

Happi.Tokyo(はっぴどっと東京) PROFILE

2014年、広告、デザインを手がける㈱サプライズクリエイティブがデザインオーダー法被ブランド Happi.tokyo(はっぴどっと東京)を設立。2015年販促EXPO出展を皮切りに、生地、パターン、デザイン、縫製など今までにない法被の切り口を開拓、発表。Happi.tokyoオリジナルのデザインコレクションを展開し、ニーズやトレンドに合わせたデザインを次々に発信、展開する。「人」が広告塔。を商品開発のコンセプトに「法被を着る人が広告塔」となる、利用シーンにあわせたオリジナルデザインシリーズを多数リリース。法被を新しい『和』の販促物として提案し、1万点超のオリジナルデザインを発表する。
官公庁、大手企業、各団体からイベント、キャンペーンなどにおいて多数受注、幅広い提案を行う。

<自社開発オリジナル>
  • 色落ちしないオリジナル綿生地の開発。
  • 発色と光沢感にこだわったオリジナルのポリエステル生地(グロス)の開発。
  • オリジナルスリムタイプの開発。
  • 防水加工機能を開発・リバーシブル法被・デニム法被を開発。
  • 軽さ、薄さ、衣類としての着ごこちをそなえた夏綿の開発。など。

デザインオーダーはっぴブランドとして、これまでにない切り口での法被の活用と「新しい和のアイコン」としての法被シリーズを開拓中。

HAPPYCOATデザイン、仕様、詳細は随時発表いたします。

『HAPPYCOAT』プロジェクト第1弾 港区ボランティア法被はこちら
https://www.city.minato.tokyo.jp/keieishien/kankoborantia.html


お問い合わせ

HAPPYCOATに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

メディア、取材窓口も上記お問い合わせフォームか
下記メール、お電話でお問い合わせください。

メール:happycoat@happi.tokyo

フリーダイヤル:0120-901-321